Search Results

Filter
  • 1-10 of  10 results for "Digital Learning"
Item request has been placed! ×
Item request cannot be made. ×
loading  Processing Request
Academic Journal

デジタル情報メディアの利用意図の形成: 医学生の学習における事例.

  • Source: Library & Information Science (03734447). 2018, Issue 80, p25-47. 23p.

  • Abstract: Purpose: The purpose of this research was to clarify how users select digital information media. As a research framework, TAM 2 was ... 【目的】本研究の目的は,デジタル情報メディアが紙や対面の情報メディアと比較してどのように選 択されるか,つまりその利用意図がいかに形成されるのかを明らかにすることである。それを明ら かにする枠組みとして,情報メディアの受容研究に広く使われるTAM2モデルの基本構造を適用す る。つまり,情報メディアの有用性の認識および使いやすさの認識が,経験などその他の要因の影響 を受けながら利用意図を形成するとする。さらに,デジタル情報メディアの利用意図の形成をより詳 細に検討するため,個別の状況として医学生の学習に焦点を当てた。これはデジタル情報メディアの 利用状況が問題となるためである。Daviesらによる医学生の学習段階のモデルによって医学生の学 習状況を整理する。 【方法】医学部1年生から6年生の学生18名を対象に学習での情報メディアの利用のしかたを中心に 問う半構造化インタビューを実施した0 【結果】インタビューの結果から,医学生の学習段階を基礎的な文脈学習,より社会的な文脈学習, 反復材料作成,反復.振り返りの5種類に区別した。学習に伴って行われる行動は9種類.利用され る情報メディアは16種類に区分できた。学習段階においてなされる行動別に情報メディアの利用意 図を検討した結果,情報メディアの特性に関する認識12種類,そこに影響する要因7種類を整理す ることができた。例えば情報共有では,データ共有の容易さが認識されて,慣習の影響がなければ必 ずデジタルが選択されるというパターンが見られた。しかし全ての学習段階,学習行動に共通してデ ジタルもしくは紙が選ばれる要因の組み合わせのパターンを特定することはできず,むしろ個別の状 況ごとにデジタル情報メディアの利用意図の形成が複雑であることがわかった。また今回明らかに なった具体的な情報メディアの特性の認識は,TAM2のコア概念である有用性の認識と使いやすさ の認識と明確に区別することは難しかった。 [ABSTRACT FROM AUTHOR]Copyright of Library & Information Science (03734447) is the property of Mita Society for Library & Information Science and its content may not be copied or emailed ...

Record details

×
Academic Journal

社会学との関係から見た計算社会科学の現状と課題.

  • Source: Sociological Theory & Methods / Riron to Hoho. Mar2018, Vol. 33 Issue 1, p132-148. 17p.

Record details

×
Academic Journal

On the Scholarly Use of Electronic Journals: Trends and Issues from the Mid 1990s.

Subjects: *ELECTRONIC journals; *ELECTRONIC publications; *COMMUNICATION in learning & scholarship

  • Source: Library & Information Science (03734447). 2004, Issue 51, p17-39. 23p.

  • Abstract: In the past decade, electronic journals have received much attention from both researchers and practitioners in scholarly communication. A large amount of research has been ... Copyright of Library & Information Science (03734447) is the property of Mita Society for Library & Information Science and its content may not be copied or emailed ...

Record details

×
Academic Journal

幼児の仮名文字の読み習得に影響する文字側の諸要因.

  • Source: Japanese Journal of Developmental Psychology. 2015, Vol. 26 Issue 3, p237-247. 11p.

  • Abstract: The study examined the influence of various features of kana letters on the development of children's letter knowledge. Reading accuracy of 183 3-5 year old 幼児の仮名文字の読みの正答率に影響する文字側の諸要因を検討した。清音文字,濁音文字,半濁音文字の正答率のデータは3-5歳の183名のデータを用い,拗音表記の正答率のデータは3-6歳の277名のデータを用いた。検討した要因は,(1)文字別の出現頻度,(2)字形の複雑さ,(3)五十音図の掲載順,(4)母音,(5)類似文字の有無,(6)濁音規則の例外,であった。文字種ごとに,文字別の正答率を目的変数,各要因を説明変数とした重回帰分析を行った。清音文字については,(6)を除く要因を検討した結果,五十音図の掲載順要因が有意であり,出現頻度,類似文字の有無が有意傾向であった。濁音文字については,(1)~(6)を検討し,出現頻度が有意であり,五十音図の掲載順,類似文字の有無が有意傾向であった。拗音表記については,(1),(2)のみを検討したが,出現頻度のみが有意であった。本研究の結果は,仮名文字の習得過程には,文字の形態を識別する視知覚の発達といった言語普遍的な側面だけでなく,文字別の頻度や五十音図といった言語・文化固有の側面が関与していることを示唆している。 [ABSTRACT FROM AUTHOR]Copyright of Japanese Journal of Developmental Psychology is the property of Japan Society of Developmental Psychology and its content may ...

Record details

×
Academic Journal

The Roles and Place of arXiv in Scholarly Communication.

Subjects: *ARXIV; *INFORMATION services; *PUBLISHING

  • Source: Library & Information Science (03734447). 2009, Issue 61, p25-58. 34p. 1 Chart, 2 Graphs.

  • Abstract: Purpose: This paper identifies the roles and place of a preprint server, arXiv, in scholarly communication by analyzing all papers submitted to arXiv up to 2007. ... Copyright of Library & Information Science (03734447) is the property of Mita Society for Library & Information Science and its content may not be copied or emailed ...

Record details

×
  • 1-10 of  10 results for "Digital Learning"